日田の天領に関わるもの

○ 松方正義の日本初めての養育館            ○ 広瀬淡窓
○ 日田通船 中城川通船 三隈川通船 中城河岸     ○ 広瀬久兵衛
○ 大蔵永常(江戸時代・日本三大農学者)        ○ 義民 穴井六郎右衛門 
○ 岡田庄太夫(代官                   塩谷大四郎(代官)
○ 森春樹                       ○ 日田掛屋八軒士                                                                                                            

日田の天領

豆田町と隈町は、ともに戦国末期に城下町として開かれたのが始まりだとされています。

文禄三年(1594)、豊後日田・玖珠二万石の蔵入地代官を務めた秀吉配下の武将・宮城豊盛が日隈山(現 亀山公園)に城を築き、その対岸に開いた城下町が隈町の起源でした。慶長元年(1596)には、後に豊後佐伯藩の初代藩主となる毛利高政によって、現在の町割りの原型が造られたといい、当時は現在の中本町、隈1・2丁目を二重の堀と土塁で囲み、要所に木戸門を設けて朝夕に開閉していたといわれています。

一方の豆田町は、慶長六年(1601)に小川壱岐守光氏が丸山城と称して月隈山に築城した際に、城の東側に十二町村より商家を移して町が開かれたとされます。
元和二年(1616)、譜代の石川忠総が美濃大垣から入封して、丸山城を改築して永山城と改め、城下町を花月川の対岸に移して豆田町に改名しました。
石川氏の入封するまでは、隈町が日田の中心地でしたが、永山城に居を構えてから豆田町に中心は移っていきました。

石川氏が寛永十年(1633)に下総佐倉藩へ移封されると、日田は中津藩の預かりとなります。

寛永十六年(1639)、日田は天領(幕府直轄地)に組み入れられ、永山城が廃されて麓に日田陣屋(日田代官所)がおかれます。
その後、一旦は日田藩松平領となりますが、すぐに再び天領となり、宝暦九年(1759)には九州の天領を統括する西国筋郡代がおかれて、日田は九州の政治経済の中心地となります。
これにより、九州各地から日田に向う街道は「日田街道」とよばれるようになり、幕府役人や代官所を訪れる者の往来が多く、江戸期を通して日田陣屋町は大いに繁栄しました。

全国の天領で「郡代」がおかれたのは、飛騨高山、美濃、日田の3ヶ所のみで、いかに日田が九州の拠点として重要視されていたかが分かります。

日田の先哲

俳人・中村西国   俳人・坂本朱   俳人・長野野紅  俳人・長野りん  義民・穴井六郎右衛門   
大原宮文庫創業者・手島新左衛門  林業功労者・相楽吉三郎   高僧・釈法蘭  高僧・釈宝月    
俳人・広瀬月化   俳人・広瀬桃秋   公益事業家・樋口安左衛門  高僧・ 釈法海   
農学者・大蔵永常  経世家・塩谷大四郎  国学者・森春樹  公益事業家・草野宗内  教聖・広瀬淡窓孝弟烈女・広瀬秋子  経世家・広瀬久兵衛  公益事業家・山田常良  儒者詩人・広瀬旭荘
公益事業家・行時元遂  三絶僧・野五岳   勤王家・長梅外  儒者・広瀬青  儒医・諫山菽村
文人・千原夕田 勤皇家・長三州  儒者・広瀬 林外  殉職者・長信成   経世家・井上準之助

  月隈の頂上に存在した天守閣



日田の矢野家の文書に画かれた貴重な絵図
    永山府政所(代官所)の絵図



日田の森家に残された永山府政所の絵図
永山府政所の想像図

謎に隠された日田金
松方正義は、日田金を持ち去り、日銀を創設して総理大臣になり。松方コレクションという莫大な資産を有している。

もしこの日田金が無かったら、明治維新も成功していなかった?

・1592 朝鮮に出兵する。日田郡衆110名の参加あり

・朝鮮での振る舞いにて大友氏は領地召し上げられる豊後の国は太闘蔵入地となる

・宮部継潤 山口宗永 豊後を検地する

・1594 宮木長次郎が日田・玖珠二郡の代官となり、日隈城を築城、田島村を移し、隈町をつくる

・毛利高致、隈藩主となる。日隈城に天守閣を築く

・隈町森家始祖、毛利高政に従って日田に入部

・黒田如水の家老栗山備後守、隈に在城して一年間当郡を支配する

・日田郡は毛利高致の支配となる

・来島康親、森藩主となる。有田郷は森藩領となる

・1601 小川光氏、丸山城を築く。丸山町(豆田町)成立

・日田郡有田郷を森藩に編入する

・毛利高政 佐伯藩に転封

・渡里村他四ケ村干石を福岡城主黒田甲斐守室が拝領

・野村他三ケ村千石を佐賀鍋島信濃守室

・石川主殿頭忠総日田藩主となる。丸山城を永山城と改める。丸山町を豆田町と改める

・中城村の一部の荒れ地を豆田町の屋敷地とする。石川忠総 日田郡の検地をなす

・大原八幡神、石川忠総により現在地に遷宮される

・築後柳川城主田中隼人室の領地返上 後杵築藩預かる

・石川氏転封 日田玖珠二郡は中津小笠原、杵築小笠原の預かりとなる

・島原乱おこる

・二人代官、小川藤左衛門・牛川九左衛門が着任。永山城前に布政所を置く

・俳人中村西国生まれる

・小川九左衛門江戸から西下の途中事故死する

・小川藤左衛門正久・小川又左衛門行広両代官 日田陣星に入る

・俳人坂本朱拙うまれる

・高松地区が天鎖となる

・高松(大分市)地区天鎖となり、支配地七万石となる

・俳人長野野紅生まれる

・佐賀鍋島氏室の領地返上。この千石は両小川氏の支配となる

・日田郡二十五村農民、代官を訴える(藤山村騒動)幕府は百姓を処罰し、両代官をやめさせる

・日田代官支配地七万石は熊本藩主細川氏の預かりとなる

・山田清左衛門刊信(日田在陣)竹内三郎兵衛信就(高松在陣)の両代言の支配

・代官近藤助右衛門政勝(高松在陣)寛文11年まで             ‐‐

・山田清左衛門一人代官(高松在陣)

・将軍家綱、岳林寺へ三十石を寄進(友田村のうちから)

・1673 広瀬家(博多屋)始祖 豆田町魚町に移住 

・俳人長野りん生まれる

・大原八幡宮再興される『造領記』

・二人代官永田七郎左衛門貞清(日田在陣三田次郎右衛門(高松在陣)

・代官永田七郎左衛門 両町の地子負担について調査

・姫路城主松平直矩、親藩日田藩主となる。直矩は来任せず

・手島新左衛門景大生まれる

・松平氏、山形へ転封。再び天領となる

・大原八幡宮楼門石段成る『造鎖記』

・代官三田次郎右衛門守良 高松在陣にて日田兼支 高六万二千石

・両町地子負担をはじめる。豆田町の免は六ツ、隈町は六ツ二分

・日田郡藤山村農民、庄屋を訴える

・代官小長谷勘左衛門正綱は高松在陣、日田兼支

・六月 隈町火災 町の半数以上(百五十軒)焼失

・中村西国没する

・代官室七郎左衛門重福、若殿室金右衛門同道、目田在陣、高松兼支 十万石支配

・隈町大火

・朝倉郡小石原村の陶工柳瀬三右衛門 小鹿田焼を開く(伝)

・正徳の胎

・隈町火事

・代官南粂金左衛門高松在陣 日田兼支。

・隈 豆田祗園山鉾始まる『豊西記』

・日田郡百姓、幕府の巡見使に生活困窮を訴える

・南条代官、並柳村(湯布院)にて死亡 墓は大超寺にあり

・代官室七郎左衛門 高松在陣にて、日田天草兼支

・代官池田喜八郎季隆高松在陣 日田兼支十万石

・1717 大岡忠相、江戸町奉行となる

・大雨 大水害

・代官増田太兵衛永政目田在陣 高松兼支十二万三千八百六十五石支配

・有田十一村農民、上城内庄屋宅へ愁訴

・広円寺釈法蘭生まれる

・他領より四十名領内へ逃散 のち三百五十名逃散

・増田代官 鎖内に命じ大原八幡宮の道具を仕直す

・西日本一帯虫害により大飢僅に襲われる

・年貢は免除される

・長崎回米姶まる

・俳人坂本朱拙没す

・代官岡田庄太夫着任 日田在陣高松兼支助合穀銀の判度を始める

・長福寺釈宝月生まれる

・長野野紅没す

・日田郡馬原村庄屋・組頭ら愁訴

・助合穀銀の設置(岡田代官)豆田町免六ツ三分、隈町免六ツ五分に増額

・城内筋十三ケ村陽戸訴訟おこる。穴井六郎右衛門ら江戸に出立

・日田郡馬原村 穴井六郎右衛門ら越訴

・日田郡五馬筋・玖珠郡から森藩領へ二千人逃散

・日田郡大山筋より久留米藩領へ八百人逃散

・日田・玖珠郡の農民、代官所へ強訴

・千原欣右衛門 苗宇帯刀を許される

・穴井六郎右衛門ら浄明寺川原で処刑される

・手島景大没す

・岡田庄太夫勘定吟味役に昇進し、長男岡田九郎左衛門が日田代官高松兼支

・大原八幡宮神輿、新調される

・長野りん没す

・岡田庄太夫の次男、揖斐十太夫代官として着任。最初の西国郡代に昇格

・大蔵永常 生まれる

・長福寺釈法海生れる

・広瀬家、豊後岡・杵築・府内三藩の御用達となる

・広瀬平八(月化)初めて竹田・杵築・府内藩の御用達となる

・森春樹生まれる                         

・豆田町大火                             

・郡代揖斐十太夫病死 揖斐富次郎十三歳で郡代となる

・豆田町大火 火元は丸屋幸右衛門

・揖斐富次郎郡代十八歳で死亡 弟杵五郎が幼少で郡代となる

・杵五郎 靭負と改名。ロシア船蝦夷地に来航し通商を求める

・広瀬平八、弟三郎右衛門(桃秋)家督を譲り、秋風庵に隠居する

・1782 広瀬淡窓生まれる                  

・天明の大飢謹                  

・広瀬秋子生まれる

・揖斐宗の養子造酒之前二十歳で郡代となる

・大水害 限町の免は六ツ九分となる                   

・1790 広瀬久兵衛生まれる                 

・日田郡農民、献金にたいして不穏な勤き          

・揖斐造酒之助郡代を免職となる。羽倉権久郎代官着任

・大原社造営 同十三年新社に遷宮

・大蔵永常 上坂する

・隈町火事

・淡窓 亀井南冥の塾に入門。森春樹『日田郡志・玖珠郡志』をつくる 有浦琴ヱ寺小屋 三遷堂を開く

・山田常良生まれる

・大蔵永常 『農家益』を刊行

・『豊後国志』編集

・淡窓 長福寺学寮で門弟教授を始める 樋口安左衛門 加々鶴新道工事を行う

・羽倉代官 西国筋郡代に昇格

・広瀬旭荘生まれる

・淡窓 桂林園を開塾

・羽倉代官没す

・羽倉左門(のちの簡堂)代官となる。平野五岳生まれる

・長梅外生まれる。三河ロ太忠輝昌西国筋郡代となる     

・伊能忠敬日田を測量する

・森春樹 隠居し、家督を弟甚兵衛に譲る三河ロ代官 湯坪村にて急死 長男八郎

輝長が代官となる

・田中町より出火 隈町百十四軒・竹田村二百二十四軒焼失・照蓮寺で十七人焼死

・1817 塩屋大四郎 代官となる

・広瀬淡窓、咸宜園を開く

・頼山陽日田を訪れる

・平野五岳、咸宜園に入門。広瀬青村生まれる 塩谷代官、陰徳倉を建てさせる

・塩谷代言、西国筋郡代に昇進

・月化没す。草野宗内・広瀬久兵衛の二人が中城村堀田村の庄屋に命ぜられる

・隈町・竹田村大火、焼失五百軒ばかりとなる

・小ケ瀬井路工事に着手

・塩谷代官 豊前豊後各地の海岸で新田の開発に着手

・京屋山田常澄、隈川通船工事を完成

・大蔵永常、江戸に本拠を移す

・日田川通船、完成 『森家永代記』

・広瀬久兵衛 中城河岸を設ける。呉崎新田(豊後高田)の造成に着手

・千原家、はじめて小倉蕃に貨付をする

・洪水

・大風、日田郡で二百軒吹き飛ぶ 死者十名

・呉崎新田完成。面積三百六十町歩 工費三万両

・広瀬久兵衛、隠居し諸藩の藩政改革に専念する

・淡窓、旭窓に咸宜園を譲る

・千原夕田生まれる

・咸宜園官府の難起こる

・小ケ瀬井路完成

・日田川通船 株仲開結成。森春樹『造領記』を脱稿する

・広久兵衛、掛屋を命じられる

・諫山款村 咸宜園に入門、長三州生まれる

・大蔵永常、三河国田原藩に招致される

・森春樹没す。犬蔵永常三河田原藩の産物取立方に任ぜられる

・塩谷郡代 江戸城西の丸留守居役となる

・広瀬旭荘、堺に開塾 のち大坂に移る

・日田天領支配地は長崎代官の預かりとなる。

・大水

・寺西蔵太元栄、西国筋郡代となる。大塩平八郎の乱おこる

・寺西代官病死、墓は岳林寺にあり

・尾清左衛門、郡代に任ぜられる

・淡窓 苗宇帯刀を許される

・大蔵永常、浜松藩の厚産方となる

・広瀬久兵衛、府内藩財政改革に着手

・広瀬旭荘江戸にて開塾

・玖珠川通船開設

・池田岩之丞、郡代に任命される

・広瀬久兵衛、苗字帯刀を許される

・七月台風・八月台風、凶作のため穀物高値となる

・千原家、小倉藩御用達となる

・池田代官、異国船防御のため献金を命ず

・淡窓、青村に塾政を伝える。長信成咸宜園に入門

・1856 広瀬淡窓没す(七十五歳)

・大風水で花月川氾聯

・草野中右衛門 苗字帯刀を許される。

・安政の大獄おこる

・大蔵永常「広益国産考」を刊行

・池田代官病死、長崎代官天鎖目田支配地を預かる

・屋代増之助郡代着任

・広瀬旭荘没す(五十七歳)

・「豆田町絵図」作成される

・郡代窪田胎部郎右衛門着任

・広瀬久兵衛、宇佐広瀬井路工事に協力

・窪田代官、日田の富豪に小倉藩に対し一万両の貨与を命ずる

・長州戦争用の軍資金献金を命じられる

・両町掛屋商人、「中極書之事」を作成

・窪田代官 小倉戦争に出陣 農兵隊(制勝組)を組織する

・千原家、二百八十九町歩の土地を集める

・制勝組の大調練が伏木で行われる

・小倉藩家老以下十七名日田に来る

・王政復古、幕府が倒れる

・日田郡騒勤 割り返し金、年貢減免等を要求

・窪田代官、逃亡する。九州各藩兵が日田に入り込む

・1868 明治維新


↑ PAGE TOP