日田の中世 大蔵氏

大蔵氏(おおくらし)は、豊後国日田郡、現在の大分県日田市の慈眼山周辺を拠点に日田郡の一部を支配していた地方の土豪。鎌倉幕府、室町幕府政権下の御家人。東漢氏大蔵氏族の庶家(分家)を称する。「豊後大蔵氏」とも呼ばれ、地名をとって「日田氏」とも称した。諱の通字は「永」。大友氏系では「親」をあてる。家紋は洲浜紋を使用した。

平安時代後期、11世紀終わりから1432年(永享4年)まで、400年弱の間、永弘の代の835年(承和2年)から16代永包の代の1444年(嘉吉4年)までの590年余りの間の日田地方を支配した。

豊後の大蔵氏は古代に九州の日田地方を支配していた日下部氏に代わって日田郡司になった。また擬任郡司ともされる。位は散位であって、検校を称する。

その後、日田での地位を確立していった大蔵氏は、中央の貴族に従属して、勢力を確固なものとしていった。鎌倉時代には、源氏方に加勢したことで所領が安堵され、鎌倉幕府政権下の御家人に取り立てられた。室町時代には室町幕府近侍の御家人である奉公衆であった。文化面においても大蔵氏は、大原八幡宮や永興寺(ようこうじ)、岳林寺(がくりんじ)を造営し華やかな文化を形成していったが1444年(文安元年)、身内の家督争いによって16代で滅亡し大友氏より養子を迎えて大友氏系で日田氏を再興したが、その大友日田氏も6代で系譜が途絶える。                          以上 ウィキペディアより引用

   慈眼山 永興寺 国重要文化財

野口雨情が「日田の底霧 古典の絵巻 鐘のひびきも慈眼山」と詠んだ慈眼山。その慈眼山内にある永興寺は、十一面観音立像など、運慶・快慶の流れをくむ仏師が作った仏像(国指定重要文化財)が安置されています。
      日田神社
 この日田神社は相撲の神様で日田の郡司大蔵家鬼太夫永季およびその祖永弘、永興の三柱を祭ってあります。
永季は相撲が強く日田殿(ひたどん)と呼ばれ後三条天皇の天覧相撲で出雲の小冠者を倒して優勝したといわれ天覧相撲には十五回出場し、相撲の神様としてあがめられています。
日本相撲協会も日田の巡業のときは必ず代表が参拝し相撲道の発展を祈願します

    相撲の神様 紙芝居サイト
    中井王の登場(9世紀)
、九世紀の豊後国日田地方に登場した。その名を中井王というが、歴史上は「悪吏」として「暴政」をふるい、あたかも極悪非道の人物のようなイメージで考えられることが多い。しかし、「悪」の内容そのものは、時代によって少しずつ変わっていくものであり、また立場が異なれば、悪は善に変わることも歴史の真理である。
「悪吏」ということも、かれの時代の状況を考え、その内容を検討しないと、軽々しく断定できないように思われる。
中井王は、王を称していることから、天皇家の流れをうける人であったことがわかる。『豊後国志』ほ中井王について「按ずるに紹運録に日く、天武天皇第十二子を高市皇子という。皇子に三千有り。その仲を鈴鹿王という、官は大納言従二位大蔵卿。鈴鹿王の子を中井王という。『豊日志』に白く、正八位上中井王、大同中に豊後介となり、承和中に任すでに満ちてなお還らず。且つ地を掠めもって罪を獲れども赦に会過す。その子永弘は清廉籍恭をもって、日田郡擬大領外従六位下を授けらる。王の父鈴鹿王、大蔵卿となる。よってもって姓となすなり」と述べている。  日田市史参照


678年

・北部九州に地震あり日田周辺に皿泉湧出『目本書紀』

・大原八幡神、刃連郷岩松ケ蜂(馬原鞍形尾)に来現する(伝承)

・大宝律令制定される。和同開砿を作る

・二皿馬の金凝神社の石虎に刻銘あり、五馬一三か村の奉納と伝える

・713「豊後風土記」ができる。豊後国を八郡に分け、日田郡は郷伍所里一四駅一所ありと。津江地方は石井郷に属す

・『豊後国凧土記』できる(現存のもの)

・郡司として大鎖日下部連吉鳴、小領日下部君犬国、主張日下部君死任命される『豊後国正税帳』

・墾田永年私財法

・790 九州で八万三千人の飢民あり 『続目本紀』

・『続日本後紀』に犬宰府が中井王追放を願うとの記事あり

・鬼蔵大夫永弘日田郡司職に任ぜられる

・大蔵永弘犬原神社を元宮に移す。永弘、慈眼山に築城する『豊西記』

・石体犬明神が殿山(戸山)に来現する

・911 石井源大夫 会所宮より石井に退く、石井犬明神を祀る

・藤原純友反乱おこる 犬蔵永宣、乱の鎮圧に参加

・永宣羽野天満宮を創建する 『豊西記』

・大蔵永利日田郡界に五所の塁を築く犬肥庄が大宰府安楽寺に寄進される

『天満宮安楽寺草創日記』                    

・慈眼山永興寺が建立される 『豊西記』                

・1071 大蔵永季が朝廷で相挨をとるも十度に及んだが不敗であった二I○四年迄)

・『日田郡司職次第』

・大蔵永季京都よりの帰途大肥荘村薄で病死する

・大蔵季慟が弟氷平二に日田郡司職を譲る

・大蔵永平 婿三牟田盛季に殺害される

・大蔵季守 大蔵季平の郎従に殺される

・1163 このころ日田荘できる(後鳥羽院御願所金剛心院頒となる)    

・大蔵永秀源氏に味方し、功により生葉郡を賜る 『豊西記』  

・大蔵永隆生葉郡隈上荘地頭職を賜る

・慈眼山永興寺 毘沙門天立像銘 犬蔵永秀生年三五寇

・大蔵永秀毘沙門天像を造仏

・大蔵永炭 国東郡に一所を賜る

・日田荘地頭職安堵の下文

・将軍実朝の下知 永秀の一円知行が確定

・大蔵永綱 閑院殿と二条西洞院の扉橋造営に私財を献上する

・日田四郎跡伊美六郎兵衛尉の記事あり

・大蔵永信 異国警固番役を命じられる

・1266 蒙古牒状

・異国防御を御家人に命ずる

・文永の役 蒙古軍攻め来る

・大蔵永基 亀翁山龍宮寺(真光寺)を日隈山に開く『豊西記』

・永資、父永基と共に八角田(博多)に出陣し、筑前国下座郡三奈木荘を賜る

・日田荘地頭職 日田弥三郎永基『豊後国図田帳』

・『豊後国図田帳』作成 日田荘、大肥荘、竹田別符、得善名、田島今泉などが見える

・安岐郷内弁府十町及弘永名三十町、日田弥三郎永基に与えられる

・永興寺の四天王佐四体奉納される 『豊西記』

・日田永貞明極禅師に師事し岳林寺の創建にかかる

・1331 元寇の変

・北条氏滅亡する

・日田荘地頭職が阿蘇大宮司惟時に安堵直される

・豊後国御家人野仲三郎太郎道棟軍忠状に日田肥前次郎の名が登場

・今夷、焼尾、岩屋以下の寺領を日田肥前権守入道が押領する。

・1338 足利尊氏征夷大将軍となる

・日田詮永、築之山崎城に戦い敗死「『豊後国志』」

日田詮永・長井貞広・宇都宮経ら南軍と筑後山崎に戦死「資料綜覧」

・(天授五年)大蔵詮永、今川了俊に参陣「足利義満下文」

・南北朝の合一

・1395 日田殿、四代将軍義持の奉公衆の一人となる(小番衆)

・五月二十二目の状 豊後国人大友若党共也 肥田 田原 佐伯等の条あり 『満済

准后目記』

・舎弟八郎永好、兄永純の領地の奪取を謀てる

・岳林寺の釈迦三尊脇待普賢菩薩が寄進される

・日田氷秀没す。嫡男七郎(永包)が跡目継ぐ

・永包、郎従今村左馬に殺害される(犬蔵氏血脈二十一代にて断絶)

・大友親満、日田大蔵氏をついで日田永世となのる

・大友十五代親繁の子親常、永世(親満)の跡を継ぐ

・日田郡守源国光朝鮮の漂流者を助け送り届ける

・日田郡守源国光、崇氏・大友氏らと朝鮮に使節を送る

・日田郡守朝鮮に使節を送る

・日田親有、御所の辻合戦にて戦死。親賢跡を継ぐ

・このころから親将、日田郡士と対立する。親将、大友義艦に追われる。郡老支配姶まる(八奉行)

・1543 種子島に鉄砲伝わる

・親将自刃する 日田大友氏滅ぶ

・大友義鑑の跡目を義鎮(宗麟)が継ぐ

・大友義鎮、大原八幡宮に竹田内八町歩を神領として寄進する

・大友宗鱗、大原宮若宮修理に三町三反を寄進する

・大友氏、毛利氏との戦いに日田勢参陣する

・財津鑑永の跡目を治部少輔が安堵される

・築前秋月種実、日田大肥荘を侵略するも日田郡土の反撃にて退却

・日田郡土竹下宗珍、秋月種実に応ずる武の下合戦起こる『豊西記、日田記』

・日田郡土、彦山を攻める

・坂本・財津両郡老、大友義統より筑前小石原攻めを命じられる

・1589 太闇検地


↑ PAGE TOP